12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

伸びしろ


こんにちは
3回生のスナイプクルーの細川です。遅くなりましたが、西宮での練習を報告させていただきます。

まず、1日目です。
午前はインカレの大会計測があり、計測ののちに練習をしました。計測はすぐに終わる予定だったのですが、恥ずかしながら私たちの船は一回では計測に通らず、何度か整備をしなおして計測に通すことができました。春にあった計測で通ったことから慢心してしまい、十分な確認を怠っていたと反省しました。また、計測をしてくださった関西水域の皆さまにも迷惑をかけてしまいました。次からは事前に全て確認してから計測に臨むべきだと思いました。

さて、計測が長引き時間が短くなってしまいましたが、午後からの練習です。主に微風から軽風での帆走練習をしました。僕は、スキッパーのみなみさんは軽風が得意なのでいい感じにできるだろうと考えていましたが、どうも走り負ける場面がありました。その日は使用したジブセールの状態が悪く、そのせいなのかもしれないという話にもなりました。しかし、今は僕のジブの引き量のせいかもと考えています。日曜日に指摘されて改めて気付いたことなのですが、僕はジブを引き過ぎてしまうことがあり、それが原因になっていたかもしれません。

続いて2日目です。
この日は、市大のOBさんの濱上さんと高岡さん、府大OBの木谷さんに練習に来ていただきました。濱上さんはプロテスト委員の方で、私達は42条の判断基準などを吸収できる機会を得ました。
練習内容としては帆走練習、スタート練習、コース練習をしました。
スタート練習では私は前に出す時のヒールの消し方を習得しました。スタートが苦手な私ですが、最近はその分の学びが集まって来ている感じがします。
続いてコース練習ですが丘に戻って思ったことは2つあります。
1つ目は艇に対する私の対処が遅すぎるということ。
2つ目は一つ一つのコース練習の振り返りをもっと丁寧にすべきかもしれないということ。
1つ目はそのままなので置いておきます。
2つ目に関してですが、スタートの失敗などでセパレートしてしまった時など自分から離れた艇のコースについてほとんど意識が向いていないと分かったからです。本来であればレースではもちろん4艇のみのコース練習であればなおさらそういった艇のコースのことも意識する必要があるのですが、少なくとも私はそれができていません。洋上で丁寧に振り返っていくことでそれが改善されのではないかと思いました。しかし、コース練習の回数が減ってしまうのはやはり避けたく、今はなるべく他の艇を意識して練習に臨もうと考えています。
他にも先述しましたジブの引き量のことや、濱上さんにルールや42条のことを教えていただいたりと伸びしろを見つけられた練習でした。
あと残りわずかですが全力で上手くなっていく所存です。

最後になりましたが、日曜日に西宮での練習に来てくださった濱上さん、高岡さん、木谷さん、本当にありがとうございました。

また、市大のOBの小西さん、松村さん、上田さんから全日本祝いとしてお米、スポーツドリンク、お酒を頂きました。とても励みになります。ありがとうございました。
Secret

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード