12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

『インカレ予選まで最後の合宿』


こんにちは!
更新遅くなり、申し訳ありません。
今回のブログは四回の芦田が担当します😊


練習としては最後の5合宿が終わりました。
今合宿は本当に暑く、午前だけで2Lのペットボトルを飲みきってしまうほどでした☀️☀️


両クラスとも団体戦にむけて足りていない部分の追い込みと回航練習(コース練習)を行いました。
土日にはKGレースが行われ、コース練習をたくさんさせて頂きました。また、関西学院大学のコーチの方に普段の練習から自分を追い込むことの大切さやその一例を教えて頂き、とてもためになるミーティングを行って頂きました。

府大のスナイプに関しては、スタート練習やKGレースで団体戦で行おうと考えている作戦を試し、練ることができ、良い練習合宿になったと考えています。


今合宿は私のヨット部人生の中で1番疲れた合宿でした。

この疲れというのは団体戦にむけての体調という面に関してはマイナス要素ですが、最後の最後までやりきったという達成感やここまでやったという自信に繋がっています。

思えば、この代で様々なことを始めました。

合宿所を綺麗にするために夜MG後の掃除、生活習慣を正すためのマイコもどき、誰かがしでかした時、連帯責任としてチームでの罰走、他にも多々…これらは全て来週のインカレ予選突破に向けて行ってきたことです。やってきたことの意味をしっかり発揮しないとこの代のやり方は間違えとなってしまいます。そんな無駄な一年ではなかったとしっかり証明します。


今年は470では春新で2位、両クラスにおいては全スナ、全470の出場枠をしっかり得ています。
また、歴代の府大のどの代よりも夏休みに練習をし、夏合宿での伸び率が多いと実感しています。
スナイプのクルーでいうと、3艇とも風の測り方が非常に細かく、コース引きの基本、走りの艇速もしっかりそろいました。
このようになったのは細川と植田が頼りない私を見て、自分達ががんばらないととしっかり支えてくれたおかげです。ありがとう。植田と細川は本当に誇りに思えるクルーメンバーです。


しかし、成長したと言っても他大と競れる状態に立てただけ。ここからが勝負です。満身はせず、しかし自信を持ち、運を味方につけ両クラスでインカレ出場を勝ち取ります。

ヨットに乗れないことも多い中、合宿所を賑やかにしてくれ、上回のために丘の仕事を行って支えてくれる一回生

いつも笑いを提供してくれるとともに上が出来ていないことや見えていないしっかりした意見をくれる二回生

仲が悪そうに見えつつ、本当は仲良しで、先輩の引退がかかっているので多分緊張している三回生笑

今回のインカレ予選は下級生がいなければそもそも出場さえできません。丘の仕事、レギュラーメンバー…

だからこそ、今回のインカレ予選は大地の代のインカレ予選ではないです。
2019年度ヨット部のインカレ予選です。

皆を信じて、自分を信じて、誰かが叩いた分は誰かが穴埋めしたら大丈夫。

絶対に両クラスインカレ出場します。

最後になりましたが、練習に来て頂いた中本さん、木谷さん、筑紫さん、二見さん、松井さん、山田さん、西野さんありがとうございます。

先輩から得られることは、丘と洋上のどちらとも多いです。先輩の目標でもあったインカレ出場を実現させ、感謝のお返しとなるように頑張ります。
Secret

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード