12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

課題山積み

更新が遅くなってしまい、申し訳ございません。先週のブログは坂上が担当します。


木曜日は午前中は海上保安庁の方をお招きし、安全講習会を行いました。講義とAEDや、胸骨圧迫、人工呼吸の方法などを教えていただきました。ありがとうございました。


木曜の午後から日曜日までは、主に西風7-8mでの練習でした。

セーリング練習、スタート、回航、たる周りを中心に練習を行いました。

セーリング練習では470の3艇の艇速は揃うようになってきています。OB さんに乗ってもらってもあまり艇速は変わらなかったので、そこそこ走れているのではないかと考えています。

艇間が詰まっている時に耐えて走り続けるのがまだまだ苦手なので、団体戦までにそこを強化していきます。


スタート練習では府大だけでやるスタートは出れるようになってきています。しかし、レースでは艇数が増え、自由度が下がるので、失敗する確率があがってしまいます。西宮で出来るだけ合同練習をして克服してきます。


回航、たる周りでは、マーク回りの動作、流し込みがまだまだ雑です。レースで抜かれてしまうポイントでもあるので、数をこなして精度を上げていきます。


月曜日は、高木さんに来ていただき、西宮でコーチングをしていただきました。

主にスタート、回航練、セーリング練習を行いました。


コーチングで指摘していただいた大きな課題は

スタートで先に起こりうることを考える力が足りず、判断が遅れてしまっている。

ランニングでのvmg 、艇団に対しての位置どり。


スタートでは、
相手は何を考えているか、それにより自分は何をしないといけないかに気づいて行動するまでが遅いと指摘していただきました。

レースでスタートを失敗してしまう大きな原因でもあると感じています。
アンテナを最大限に立ててすぐに行動に移せるように練習する必要があります。気づきが早い人が周りに積極的に理由立てて指摘していくのがスタートの成功率を上げる近道だと考えています。


ランニングでは、
対2艇、3艇で考えるのではなく、艇団を意識して練習する必要があると感じました。具体的な練習方法は難しくて思いついていないのですが、今のままだと、レースでは位置どりミスなどで後ろの艇団飲み込まれてしまう光景が容易に想像できてしまいます。団体戦までにどうにかして、強化してかないといけないポイントです。



山のように課題はありますが、団体戦までは残り2合宿と時間は残されていません。1つでも多くの課題を解決して団体戦でなんとしても4位までに食い込み、インカレ出場できるようにチーム一丸となって練習していきます。
引き続き、応援、サポートよろしくお願いします。


最後になりましたが、コーチングして頂きましたBEST WINDの高木克也様、練習に参加して下さった木谷さん、有田さん、筑紫さん、西岡さん、川原さん、西野さん、二見さん、松井さん、五井さん、山田さん
本当にありがとうございました。

最後までお読みいただきありがとうございました!
Secret

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード