12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

大切な持ち艇

 こんにちは。470スキッパーの伊藤菜名です。
先週12/8.9はコーチングでした。わざわざ大阪まで来て下さり教えてくださった高木コーチ、朝から晩までサポートしてくださったOBさん、本当にありがとうございました。

 さて、今回からのテーマブログは「最近の成長したエピソード」です。最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 トップバッターに選ばれて改めて最近の成長したことはなんだろう、と考えていました。勿論技術面は少しずつですが良くはなってきているなと感じることもあります。もちろんまだまだ伸びしろがあり余っていますが。笑

 でも一番成長したと思うのはやはり船への思いです。

 自分が一回生二回生の頃は自分の船のことといえば、すぐがりって整備してまたがりって・・・。というもう樹脂の記憶しかありません。(樹脂の技術はあがりました。笑)
また船にお金をかけたくないという思いが強くて少しくらいの整備ならお金を使わないようにしていたりしました。

 しかし、一つ前の代が引退してから思いが少し変わりました。
その理由としては自分も一緒に練習に完全に参加するようになったからだと思います。
一つ前の代までは私も練習には参加していましたが、レースメンバー以外のサブメンバーでした。乗っている船のレベルも全然違いました。そのためおいていかれることもあり、そのままにされ、結局一人で練習していたりと競争感があまり感じられなく、結局どんな船でも同じなら別に速くする必要もないのではないかと思ったりしていたのではないかなと思います。

 しかし先輩方が引退され、自分もレギュラーメンバーの一員として練習に参加させていただくようになりました。
近くで練習しているとやはり競争感があり絶対負けたくないなという思いが強くなります。そこから自分の船に乗っているときにここがこうなれば乗りやすくなるのにとたくさんやりたい整備箇所が出るようになりました。自分のメインも買ったほうがやりやすいと思い、自分のメインも買ったりもしました。
それに伴い、船への扱いも以前より丁重になったように感じます。正直自分の船を誰かが使っていたりするととても心配になったりもします。笑

 私の整備技術は1、2年の頃に多くの整備をしていなかったのでとても低レベルだと思っています。またとても不器用なので上手くいかないこともよくあります。でもそういうときも自分でできる範囲は自分で行いできないものは手伝ってもらったり引退した先輩方に電話等するようになったのは成長できたのかなとおもっています。

 私の持ち艇は非常に問題がある子でとても手がかかります。ただ微風はよく走れたりスピンの形式などとてもいいところがたくさんあります。ある先輩にヨットは50%が技術だが50%は船自身といわれたことがあります。少しでも持ち艇をはやくできるように「速くなる整備」をもっとしていきたいとおもいます。

 ただ持ち艇は二人で整備をします。私はスキッパーなので持ち艇に常に乗せていただけていますがクルーの子はほとんど乗れていません。ただ整備はその子と一緒なのでその子にも協力していただかないといけないこともあります。
実は私の整備で一番心苦しいのはその子にお金を請求するときです。笑私がクルーなら多分嫌だなってなっています。無駄な買い物だけは絶対しないようにむやみに買いすぎないようにできたらいいなと思います。笑

 船の扱いに関して成長できたこともたくさんありますがまだまだ雑になっていたりすることもあると思います。もっともっと船を丁重に扱い整備に関してなど何事にも妥協せずにいきたいとおもいます。上回生として後輩に教えていく立場としてはやいだけではだめだとおもいます。抽象的になってしまいますが、船に関しても上回生らしくなれるようにこれから頑張っていきたいとおもいます。
船に妥協しなくなればそれに伴い技術も妥協しなくなり技術も上がってくるのではないかと思います。

 一番の目的は「自身が速くなること」です。これから船に関しても自身に関しても一人前になれるように頑張ります。

 最後までこの長々とした拙い文章を読んでいただきありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします!期待に答えられるようにがんばっていきたいとおもいます。

 大阪府立大学体育会ヨット部3回 伊藤菜名
20181213172009521.jpg
Secret

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード