12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

激寒コーチング

こんにちは。最近の寒さにびびっている470クルーの坂上です。

今週の練習を振り返ります。今週はBest Wind の高木コーチによるコーチングを行って頂きました。代替わりしてから始めてのコーチングになりました。


470チームとスナイプチーム両方共に〝レースを意識した練習〟が出来るようになるという目標でこのコーチングに挑みました。470チームはこれまでやってきた練習は変えずにその中でレースを意識出来るようなルール、システムを考えて練習する、スナイプチームはレース練習の中で競い合い、その中で出てきた課題を練習で潰していくという方法で練習を行うという形で考えていました。

土曜日の風は午前が平均7〜8m、午後は平均8〜9mの強風下での練習になりました。

午前中、午後ともセーリング練習をしました。代が替わってから強風下での練習がほぼ初めてで、フラットでまっすぐ進むことを目標に練習をしました。予想していたよりは走っている間に大きく離れる事は少なく、まっすぐ走る事は出来るようになってきているのかと感じました。しかし、そこからは、ただ走っているだけになってしまいました。洋上で出来ていない箇所を絞って練習できるようになる事が課題となりました。

もう一つ大きな課題としては安全への意識の低さです。午後からは風が吹き上がり、沈艇が続出しました。クラス間で離れ、個人の判断の誤りからクラス内でも離れてしまっているという状況でした。以前から、OBさんから安全への意識の低さを指摘されていましたが、特に何かを変えることなくここまできてしまっていました。改めて安全マニュアルを作成し、基準を定めて、部員全員がそれを理解し行動していくことで安全の意識を高めていく必要があります。


日曜日は強弱があり、フレの大きな風でした。前日出てた安全に対して最低限必要な整備を行ってから洋上に出ました。

この日に出た課題は、練習の姿勢が受け身で、競争も生まれていないことです。高木コーチがタルを打つからそれを回る、高木コーチが競争をあおるから、非権利艇に牽制をする。そんな状態では成長はありません。これからの練習でどう改善していくかしっかり話し合っていきます。


幹部にもついては沢山のことをご指摘頂きました。1手先、2手先を予想して考えてない、準備が足りない、時間、幹部になりきれてない etc...

幹部として未熟な所が多く、早くチームを引っ張っていけるようにならないとインカレ出場に遠いと思います。一人前の幹部に早くなれるように常にチームのことを考えて行動していきます。


今回のコーチングで気付けたところ、足りないところ、変えていくところを具体的な行動に移し、インカレ出場に向かってチーム全員で全力で努力していこうと思います。


最後になりましたが、寒い中2日間夜遅くまで残ってコーチングを行なって頂いた高木コーチ、ありがとうございました。次回のコーチングまでに成長したチームを見ていただけるように頑張ります。

木谷さん、筑紫さん、川原さん、西岡さん、五井さん、二見さん、山田さん、藤崎さん、西野さんにコーチングに参加していただきました。本当にありがとうございます。

OBさんには寒い中、曳航を手伝ってってもらったり、モズに一日中乗って頂いたり、車を出して頂いたりと沢山協力して頂いています。今のチームはOB さんの協力が必要不可欠です。僕たちは本気でインカレに向かっていくので、これからも引き続き協力お願いします。


長くなりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました。
Secret

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード