12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

キセキ

 更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。
今回のブログ担当は四回生470クルーの国本がさせていただきます。
団体戦予選までの最後の練習・調整ができる合宿となった今合宿を振り返っていきたいと思います。

 今合宿は9/15(木)~9/18(日)に行いました。
団体戦予選が近いということもあり、西宮での練習の機会を増やしたいということで、
木曜日のみ北港で練習、それ以外は西宮での練習という形をとりました。
配艇は、470もスナイプも団体戦の配艇でのペアで練習に臨んでいます。

9/15ははじめ、風が安定していなかったことと翌日から西宮に艇を持っていくということで、整備の最終調整の時間にしました。10時過ぎから出艇し、コース練習を中心に行いました。午後もスタート練習とコース練習を中心に行いました。
 最近はコース練習を多く取り入れて練習しているおかげか、三艇での話し合いやリフトを走るコース取りができてきていると思います。

9/16~9/18の練習は関西大学さんや関西学院大学さんのラウンド練習に参加させていただいての練習が中心になりました。
レースに近い雰囲気での練習ができ、色々な作戦のメリットとデメリットが分かり、とてもよかったと思います。
練習に参加させていただいて本当にありがとうございました。
 
またラウンド練習が軸だったのですが、その他にもクローズのセールの形を見ていただいたり、アビームの走りをコーチに見ていただいたりと自分たちの最後の練習としてはいい形で練習を終えることができたのではないかと思います。
 
 今回の練習で心がけていたことは、課題を絞って練習に挑もうということです。

470ではスタートに課題が多くあったのでスタートに重点をおいて練習をしました。
これはスタート練習の時間を多くとるというわけではなく、スタートで三艇まとまっていいスタートがきれるように三艇で考えるという意味です。
 陸で作戦を考えて、それを海で試す。なかなかうまくいかないこともありましたが、今合宿で自分たちなりのベストアンサーを見つけることができました!

さて、いよいよ団体戦予選を迎えるわけですが、すべての課題を消化できたかというと、残念ながらそういうわけではないです。
 ただ完璧な状態で団体戦予選に臨める大学も少ないのではないかと思います。
今考えるべきは残された課題ではなく、目の前まできている団体戦予選で全力を出し切ること!!

 今までこのチームでやってきたことを信じて、全力を出し切ること!!

これだけを考えてレースに挑みたいと思います。

 コーチの皆さま、OBの皆さま、二瓶先生、ブログを見て大阪府立大学体育会ヨット部を応援してくださっている皆さま、ブログは見ていないけど大阪府立大学体育会ヨット部を応援してくださっている皆さま、・・・本当に多くの人の顔を思い浮かべながらこのブログを書いています。幹部として一年間過ごすなかで、この大阪府立大学体育会ヨット部が多くの人のおかげで成り立っているのだと痛感しました。

 皆さま!私たち大阪府立大学体育会ヨット部が目標としている、インカレ出場にむけて最後まで応援よろしくお願いします!
 一週間後、主将の冨上からこのブログでいい報告ができるよう全力を出してきます!!

最後に、今合宿参加していただいた中本コーチ、橋本コーチ、矢野コーチ、小田さん、谷川さん、松井さん、益山さんありがとうございました!

p.s. タイトルは私たちが一年間歩んだ「軌跡」と、これから起こす「奇跡」を意味してつけました。僕が考えました!笑
Secret

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード