12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

後三週間ではなく、七週間

どうも、こんばんは
ブログを書くのは約一年ぶりでしょうか

四回生の木谷です。
今合宿は四日間合宿からの三日間コーチングでした。
心なしか、コーチングの回のブログが圧倒的に多い気がします、笑

木金土日は通常通り北港で練習を行いました。

木金土は夏の天気で午前は風がなく、丘で過ごし早めの昼ご飯を済ませ午後五時まで練習でした。
四回生が少なかったため下級生の出艇が多く、自分も久々にハードな動作練習を行いました。
日曜は朝から前線があったため、午前中は出艇をせず午後から海に出て北から東に大きくふれ回る風の中で海面を見てコースを引く練習を行いました。
自分自身の課題として、『ふれる風でのコース』というものがあるため他艇に負けないこと意識して臨みました。
風を見ようと意識すれば見えるということに気付けたので、非常に意味のある練習であったと思います。
ただ、午前中は前線があったものの出艇可能な風域であったため、強風で走り負けることを考えると海に出るべきであったと思います。

日曜の晩で一回生は解散となり、月火水は上回生のみで行いました。
高木さんのコーチングも、かれこれ五年目で今年としては二回目でした。

さて、月曜は朝から西宮に船を曳航し、コーチングをしていただきました。
曇り弱い北風の中、滑りを中心に見ていただき午後からは神戸大学さんと一緒にコース練習を行いました。
周りを見る力、競争意識が欠けているなどの指摘をいただきました。この日は思うようにミーティングを進められず夜中の二時頃までミーティングを行い、部を運営する幹部として非常に多くの反省がありました。

火曜も前日と同じように北風で練習を行いました。三時頃に猛烈な雷雨が来たため急いでハーバーバックし、収まるのを待って北港に帰りました。
この日も指摘していただいたのは、競争意識が低い、周りが見えていない、練習時間中にレースでしない動きをしているなどでした。
効率的にミーティングを進めるため指摘していただいたことの本質は何なのか、ミーティング前に幹部で話し合い、練習中に常に意識することなどを決め、早めにミーティングを済ませ船を見ていただいたりコースの引き方などの座学をしていただきました。
自分自身の課題として北風のコースがあるので、僕も質問させていただいたのですが、他の部員も真剣に聞き入っており、非常に有意義な時間になったのではないかと思います。

水曜日は月火よりも少し弱く、下デッキ程度の東~南風で練習を行いました。
滑り、インターバル、明確に勝つ方法があるラウンドなどを通して『勝ちにこだわる姿勢』がやはり足りないということを指摘していただきました。
三時に丘に上がり、三日間の総括のミーティングをしていただき高木さんのコーチングは終了となりました。

文字で書くと単純な練習に見えますが、我々幹部がコーチングを通して気づいたことは多く非常に有意義なものになったと確信しています。
特にスナイプチームでは、夏期インカレの成績などが良かったりと心なしか『このままやってればインカレに行けるのではないか』という空気があったのも事実です。それは大きな間違いで、我々は安全圏にすらいなかったのではないかと思うようになりました。

コーチング終了後、スナイプ幹部で行ったミーティングで、スナイプチームの目標を『インカレ出場』から『インカレ入賞』に変更しました。
高い目標ではありますが、関西予選突破はあくまで我々の通過点であって、自分達の意識を絶対に変えなければならないと感じたためです。

このスナイプチームの熱を470に伝え、両クラスともに三週間後には必ずインカレ予選を突破し、江ノ島に行きます。
関西予選まで後三週間、インカレまで七週間。
強い気持ちをもって練習して参ります。

最後になりましたが、best wind 高木克也様、神戸大学ヨット部様、島田コーチ、中本コーチ、橋本コーチ、上田コーチありがとうございました。
Secret

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード