12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

春季新人戦

どーも、ご無沙汰しております。
470クルーリーダーとして全部員を牽引させていただいております。
3回生の橋本です。
今回はなんと、現在主将兼メガネがアイデンティティの上田俊雄さん(21)との共同制作でお送りします

まず、先日新西宮ヨットハーバーにおいて、春季関西学生ヨット新人戦が行われました。
それにあたり、先週金曜日はスナイプは艇体計測、470は午前のみ練習を行いました。
470では、先の浜練で不備が見つかり整備のために出艇を見送った艇もあったので、数少ない艇での出艇でした。しかし試合前というのに風の振れ、強弱がひどく、いい練習とは言い難いもので臨時で笛を吹いていたのですが、とても頭を悩まされた苦しい練習となりました。
スナイプの方は例年のように苦心していましたが、無事全艇、艇体計測を通過しました。

僕は最近思うのですが、ちょっと前まで新入生としてヨット部に入部し甘えて生活してきたのに、いつの間にかしょうもない後輩ができ、ついに幹部と肩を並べる立場にまできてしまっている、
時間が経つのは本当に早いなあと。
いつのまにか同回生は下を引っ張りだし、部全体のことを考え、悩み、4回生やOBさんに混じって意見をぶつけあって、実際に行動に移している。
そういう同回生を見ていると、頼もしく安心して部活のこれからを任せられるなあとしみじみ感じます。
というかふつうに焦ります。置いてかれてる感が半端なく、自分このままで大丈夫なんだろうかと日々びくびくしながら過ごす毎日です。

そんな現3回生の活躍はなはだしい上田体制にとって2回目となる春季新人戦でしたが、僕にとっては前回の秋季のときよりも一層成長できたと実感できるレースとなりました。
レース結果はのちに主将のほうから報告があると思われるので割愛させていただきます。
ぼくはとしさんとレースに出させてもらって、前を走らせてもらって非常に充実していました。しかも、副将であり人一倍背は低いものの人一倍僕との付き合いが長い矢野くん、石井さんの艇との3,4位フィニッシュや1上の上位に府大の艇が何艇も食い込み、府大のスピンが並んであがるという光景が幾度となくみられ、純粋にうれしかったです。
2日とも西宮独特の波が少しある海面でのレースでしたが、風は安定しており割と走らせやすいコンディションでのレースだったと思います。
ただ少し残念だったのは、前を走ったうれしさのあまり、クラスの過半数がTPPをたたいてしまったことです。1つ1つが大事なレースには変わりありませんが幸いなことに、団戦や個戦といった部としての目標のある大きな試合の前だったため後悔だけでなく二度と起こらないようにと気を引き締めることができました。

スナイプのほうは振るわなかったようです。スナイプリーダーを負傷で欠いてのレースで奮闘したとはいえまだまだです。しかし、今回のレースで学んだことは多くあるのではないかと思います。それを忘れないでいてほしいと思います。そして、部全体で強くなるために僕にできることがあったらスナイプの皆さんはぜひ言ってください!僕も探します。

長々と失礼いたしましたが、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
橋本がお送りいたしました。
では主将、おねがいします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2日目は上田が担当いたします。
橋本くんとのブログのテンションの違いに驚きを隠せません。笑
あらかじめ書いていたのでそのまま自分を貫きたいと思います(´・ω・`)

2日目は最初から220~230°で安定した南西の風で3レース行われました。
他の船までは手が回らなかったのでほとんど見れていませんので自分たちの話ばかりになりますがご容赦ください。

僕らはスタート後左海面に伸ばしていくと左に10°ほど振れるのでそこで返してそのまま上マークというパターンで毎回アプローチをかけました。
走りは上りも下りも調子がよく、私立大のエース以外には負けていなかったのが前を走れた要因として大きかったと思います。
また前を走っている時ほどお互いにリラックスできるよう会話(むしろただの雑談)を意図的に増やしていました。そのためか大きなミスもなく順位を維持できました。

第5レース終了時にクルーの橋本君と引退までにトップフィニッシュできればいいなーみたいな話をただの笑い話でしていましたが、第6レースで本当に達成した時は信じられなくて言葉にできなかったです。

今まで何とも思わなかったのですが、二日間通して感じたのはやはり新艇4448のポテンシャルの高さです。確実に他の古い船とは一線を画しているものがあります。OBの皆さま方には本当に感謝しています。

あと、詳しくは結果をご覧いただきたいのですが、PTPがなければ府立大470は大学別にみると甲南大学に数点差に迫る第4位、4448は第4位入賞!だったはずでした。
主将として、4回生幹部としてこのような基本的なところでのミスに気づけなかったのは深く反省しなければなりません。

ただ、何といってもまだこれは春季新人戦です。本番の個人戦団体戦で出せなくては意味がありません。
今回のようにまぐれではなくコンスタントに毎回欠かさず上位に食い込めるようなプレイヤーになりたいと切実に思います。

応援・差し入れに来てくださった吉岡さん、武林さん、田淵さん、徳地さん、西村さん、生田さん、井原さん、上羽さん、藤原さん、丹羽さん、三輪さん
また、レースに参加してくださった石井さん、今井さん、曹さん、香川さん、岸本さん本当にありがとうございました。

P.S.どうしても主将になってから真面目なブログしか書けなくなってしまいました笑
Secret

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード