12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

同志社ウィーク

こんにちは。
新4回生470の香川主です。

琵琶湖柳が崎ヨットハーバーで16、17、18日に「第30回同志社ウィーク」があったので参加してきました。
このレースは、同志社大ヨット部を引退した4回生が企画する国内最大規模のオープンレースです。今回は470級66艇、スナイプ級73艇のエントリーがあり、社会人セーラーも参加していました。

まず結果をお知らせします。

スキッパー/クルー順です。

【470級】66艇

香川(4回)/橋本(2回) 31位
瀬川(2回)/石井(4回) 46位

【スナイプ級】73艇

今井(4回)/寺川(4回)   44位
上羽(4回)/島田(2回) 60位
上田(3回)/ 西村さん(OB) 67位

でした。


16日はプラクティスレースでしたが、ずっと風が吹かずノーレースに...。
レース2日目も一度も海に出ることなく無風でレースを終えました。
レース1日目は微風の中2レースが行われました。したがって、上記の順位は2日目の成績となります。
コンディションは、雨、微風、北風で振れる状況でしたが、その中でも実力差がはっきり分かれたレースだったと思います。全日本インカレが琵琶湖で開催されることを考えると、この順位は非常に重く受け止めなくてはいけません。


今回の部全体のレースの主なコンセプトは「1回生のレースデビュー」というものでした。
当日はもちろんのこと、最近OBさんから、「上回の練習はいいのか?」「下級生の練習を多少少なくしてでも、上級生のレベルが上がらなければ部全体のレベルは上がらない。」「このままでは例年通り。」といった厳しい意見を頂くことが多いです。今回のレースはインカレの舞台ということもあり、遠方からも多くの大学が参加し、どこも本気で戦っていたことを考えると、自分たちの考えの甘さが露呈したように思います。その辺りは今後幹部でしっかり話し合っていきたいと思います。



しかし、多くの事が得られた良いレースでもありました!
今回のレースはインカレが琵琶湖で開催されるということもあり、近北、関西水域以外からも多くの大学が参加していました。特に関東からは、慶応大、中央大、日本大、学習院大等の大学が参加し、社会人セーラーも多数参加するなど、僕自身今までで一番規模の大きく、上位陣に関しては非常にレベルの高いレースだったと思います。

僕自身スタートで失敗して、毎回順位を挽回していく...という展開しか無かったので、スタートしか上位と絡む機会は無かったのですが、艇によっては、上位と並走し、走り方を観察するなど、とても良い勉強になったようです。
スタートは上位は本当に上手かったですね。特に僕は全部有利エンドから出ようとしていたので、彼らに挟まれて下からは突き上げられ、上からは被されと、実力の程を見せつけられた形です。特に加速が上手でした!それが今回個人的に得られた一番の課題です。北港のスタート練習は一体何?というレベルでしたね。その他にも風の振れる海面でのダウンレグの走らせ方、微風時特有の大混雑したマーク回航など、本当に得られることは多かったです。







しかし、本当に風吹きませんでしたね。レース二日目は春一番が吹くという予報もあり、少し期待していたのですが...。ちなみに、春一番は立春(今年は2月4日)から春分(同3月20日)にかけて吹き、春の訪れを感じさせる強い風だそうです。同志社ウィーク中に限って毎年風が吹かなくなるそうで、特に運営の人は本当に御気の毒です。冒頭でも挙げたように、同志社ウィークは同志社大学が企画し、今ではこれほどまでに大きなレースとなっています。本当に凄いと思うのですが、僕らがレースを主催してみたら誰か来ますかね?

名付けて「北港カップ」!!!

(・_・)・・・。




最後になりますが、レース一日目に出場してくださった西村さん、艇を貸して頂いた龍谷大学、艇を貸して頂き、宿泊させて頂くなど非常にお世話になった京都大学の皆様、本当にありがとうございました。




Secret

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード