09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
23
26
27
29
30
   

団体戦


今回のブログは冨上が主将ラストの務めとして書かせていただきます。
まず、総合結果をご報告します。
470級
第1位 関西学院大 104 pt
第2位 近畿大   189 pt
第3位 関西大   332 pt

第6位 大阪府立大 384 pt

スナイプ級
第1位 関西学院大 176 pt
第2位 関西大   259 pt
第3位 甲南大   285 pt

第8位 大阪府立大 514 pt

団体戦は9/22,24,25と三日間にわたり開催されました。
1日目は安定した北東の風で7レースを消化、2,3日目は途中で風が落ちながらも2レースずつレースを行いました。
1日目はフレのある海面でどのようなコースで走るか、2日目3日目はしっかりブローをつかんで走ることができるかががキーであったと思います。
また、スタートからフレッシュで走ることができるかも、基本中の基本ですが大きく順位に関わっていたと思います。
チーム内では3艇が揃って良い順位を取るにはどうしたら良いか、スタートの戦略を毎レース考えながら挑みました。

結果としては、どちらも一年間目標としてきたインカレ出場には届きませんでした。
一年間の頑張りの成果がこの結果というのは、悔しくてなりません。
応援してくださっている方々へ、良い結果をもって恩返ししたいという思いがありましたが、
このような結果に終わってしまったのは申し訳ないです。

しかし、今レースは確かに、この”チーム”の成長、少しの希望が見えたレースでありました。
470級では最終日まで3位争いを繰り広げ、スナイプ級でも3回生の艇がシングルを獲ったりと
チームとして喜びを感じる瞬間が何度もありました。
この一年の努力は、この一瞬一瞬に繋がったのだと思います。
次期チームには、この一瞬を自信に変えて、今よりも一回り、二回り成長して栄光を勝ち取って欲しいと願っています。

この一年間は、活気のあるチームを作る!というのをテーマにして活動してきました。
途中、悩んだり苦しかった時もたくさんありましたが、
同期、多くの先輩方、後輩に支えられ、協力し合い、チームを作ることができました。
特に、団体戦直前はみんな声とか雰囲気とか、インカレに挑むぞ!という活気があるチームになっていたと思います。
こんなチームを作れたことで、ヨット部を続けてきてよかったと心から思うことができました。


先ほどまではチームとして、という話でしたが、
正直、個人的には全く良い成績を出せずに自分のレースが終わってしまったのが悔しいです。
同期や後輩がシングルを獲ったのをレース中、ゴムボで聞きながら次は自分も!と
自身を鼓舞しながらレースに挑みましたが、良い結果につなげることはできませんでした。
こんな気持ちは、これからの後輩たちに味わってほしくはないです。
そのためにも、これからOBとして後輩に伝えられること、残せることはできるだけしていきたいと思います。

最後になりましたが、ヨット部生活を支えてくださった
二瓶先生、吉岡OB会長、大阪北港マリーナの皆様
OB・OGの皆様、BEST WINDの高木コーチ、
矢野コーチ、島田コーチ、橋本コーチ、中本コーチ、
応援してくださった全ての皆様に
この場を借りて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード