01
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
31
   

【テーマブログ】2回生になって変わったこと

【テーマブログ】2回生になって変わったこと
こんにちは。2回生470クルーの西田です。秋新まではスキッパーをしていました。

今回は僕が2回生のなかで最初のテーマブログということで、「2回生になって変わったこと」について書きたいと思います。

まず1番に、ヨットがうまくなりたい!という気持ちが強くなりました
それまではヨットに乗れる機会が少なかったですが、2回生になってすぐ秋新という目標があってそれにむかって練習に取り組み、また秋新後はスキッパーからクルーへの転向により1からまた再出発の気分で周りに何とか食らいついていこうと意識をもって取り組めるようになりました。ただ、ヨットの技術面は長い道のりの入り口にようやく入っただけであると思うのでこれからのヨット部生活でいち早くよりヨットの奥地まで探求したいと思います。
ただ、うまくなりたい!と思うと同時に自分の課題(技術面しかり、特にチームへの貢献度などの面)の解決が必要となり自分の行動、意識を変えていかなければならなくなりました。とはいつつも、これまで自分は満足いくような行動をチームに働きかけていれません。特にチームの貢献のため、周りを見て考えるなどは常日頃言われることですが、自分にとっては①周りを見る(状況把握)②考える③自分から動く この3点は大きな大きな課題です。受け身の自分から脱却し、行動していく、チームのためにそしてヨットがうまくなるために!オフ明けの練習が楽しみです!!

拙い文章でしたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

【テーマブログ】3回生になって変わったこと

こんにちは。ラーメン巡りにハマっております3回生スナイプスキッパーの塚本です。

今回はテーマブログということで、「3回生になって変わったこと」について書きたいと思います!

まず1つ目として、役職が増えました。
3回生になって「主務」になりました。主務の仕事は、OB OGさんとの連絡、OB会のお店決め、出欠確認、OB会の資料作り、、、などなど
ヨット以外の面でめちゃくちゃ仕事があって死ぬほど大変なんです!!笑 
今は2月15日のOB総会に向けて大忙しっていう時期です。。

大変なことが多くて時々、同期や先輩に泣き言を言っちゃうことがあるんですけど、他の部員よりOBさんと関わることが多かったり、ヨット部の外部で色々な人が動いてくれていることを知る機会が多いので、他の部員よりいろんな人に感謝して部活動ができているように感じています。

ヨットの面でいえば、もう何が変わったというより全て変わったんですけど、大きな括りでゆうと自分のことだけ考えられる立場ではなくなったことです。

というのは、2回生までは毎回の練習で「走りで1レグ走りきる」とか「回航で1位とる」とか与えられた練習の中で自分が上手くなって他艇に勝つことだけを考えてそれが達成できれば、満足できていたのですが、3回生になるとそんなこと考えているのは当たり前で、
後輩クルーをどう上手くするかとか、チームの練習の改善点など、自分以外のことを考える割合がすごく増えました。

自分もまだまだ技術不足なので、自分の技術を上げながら、他の子を成長させることは、本当に至難の業といった感じです、、笑

毎回の練習や夜のミーティングで頭をフル回転どころかキャパの3倍くらい頭を使ってる感じがします。笑 それでも上手くいかないことだらけでまだまだ未熟だなって感じることがほとんどです。(今まで頭使ってなかったことがバレバレですね。。笑)

あとは、ちゃんと座学を始めました。笑
今っ?ってなると思います。笑 ほんとにバカだなぁって思います。。汗 遅れた分を取り返すために今必死でやってます笑
後輩には僕を反面教師にちゃんと座学に励んで欲しいと思います。

まだまだ変わったことがあるのですが、ここには書ききれそうにないので、また次の機会にしたいと思います。次回ブログを書く時までに、自分の理想を持ち続けて少しでも成長できるよう頑張ります。

拙い文章でしたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

お久しぶりです

あけましておめでとうございます。

新年のご挨拶以降久しぶりのブログですね。
今回は元気いっぱい新3回生の最高身長児、平が担当します。
皆さま初詣は行きましたか?おみくじはどうでしたか?
僕は半吉でした。今までに聞いたことのない結果に驚いております。待ち人は来ないそうです…
ちなみに僕の今年の目標は
1.投げ出さない
2.苦手克服
です!

そんなことより本題に参りましょう笑
今回のテーマは「3回生になって変わったこと」です。

3回生になると後輩のクルーと練習することも多くあり、今までOBさんや上回生と乗っていた時とは違い、クルーに教える立場になりました。

しかし、3回生になったからと言って自分の技術が突然上がり、余裕が持てるわけはなく、クルーに教えられるほどの余裕もない、周りを見てどういう練習をすれば良いかを考える余裕もない。ないない尽くし状態でした笑

でも、自分が変わらないと始まらないと思い、まず自分になにが足りていないか、変わるためのファーストステップは何か、を考えました。

僕が思うに僕のファーストステップは土日のヨットに乗れない時にどれだけヨットのことを考えられるかだと思いました。具体的には、単純にヨットについての本やブログ、上手い人の動画などを読んだり、見たりすること、各練習メニューについて自分のできない部分、後輩クルーのできない部分などなど暇な時間に考えることで、洋上でなにができていないかを1から考えるより、すでにある課題をまずは解決することにフォーカスできるようになったため少し余裕ができました。

こういったことを考えることでクラスミーティングでは練習メニューの提案や、洋上で後輩に教えられるように少しずつなってきたかなと思います。

しかし、今は自分の艇内のことは気をくばれるようになってきてはいるものの、艇間でのことはまだまだだなと感じます。

なので、僕が変わっていきたい目標はスナイプもら470も関係なくチーム全体のことを考え、良い方向に進ませることのできる人になりたいです。

そのためには山ほど頭を使って体を使っていかないといけないと思います。難しいとは思いますが、伸び代だと思ってポジティブに頑張っていきたいと思います!

拙い文章ではありましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

大阪府立大学体育会ヨット部主将の東です。

昨年は多くの方々に大変お世話になりましたこと厚くお礼申し上げます。

インカレ出場に向けて、全員が同じミスをせずステップアップして常に成長していきます。

今年も目標達成のために精進して参りますので、皆様の変わらぬご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

大阪府立大学体育会ヨット部主将
東啓介

コーチングを受けて

こんにちは。
4年生で470リーダーの井上が担当させていただきます。

今週は高木コーチによる、コーチングの週でした。
代が交代してから初めてのコーチングで、陸の動きや海での練習について多くの課題が見つかりました。
このコーチングを最後に冬のオフに入ってしまうため、ここでの学びを決して無に返すことがないよう気を引き締めて時間を過ごしていきます。

さて、1日目の午前にはチーム全体で部の動きやそれぞれが考えていることについて話し合いをしました。
チームが新しくなって間もないこの時期に、すでにチームに関する話し合いは数回ほど重ねていました。しかし上級生と下級生で考えのズレをなくすことは最も重要だという思いから、高木コーチも来てくださるこのタイミングでミーティングを行いました。
ここで焦点を当てたのは幹部が下級生の立場に立って考えることができていない、という問題です。下級生のすべての意見を吸い取るべく、少人数のグループを作りそれぞれのグループに1人の幹部が入り、その中で話し合いを行いました。

午後は高木コーチに練習を見ていただくため、出艇しました。
470はスタートを中心に見ていただきました。
普段から行なっている4分間隔でスタートを切る練習でしたが、微風で風がフレて大きく下有利になった時に全くスタートを切ることができないという問題点が露呈しました。この問題が明らかになった時私たちは、同じ練習内容の中で細かい部分(例えば艇間で伝え合う情報など)を変えることによって改善しようとしました。
しかしこの時必要だったのは、問題が生じた時にその原因を集中的に練習することでした。というのは、何度も同じミスを繰り返しながら同じ練習をするのではなく、船を止める技術が足りないと考えて、そこを成長させるための練習に切り替えることが必要だったのです。
これを受けて、私たちは自分の課題を見つめ直し何が足りていないのかを考えなければならない(問題の因数分解をしなければならない)と実感しました。

2日目、470は前日に高木コーチに指摘された課題である、因数分解ができていないことと、問題が起こった時に次にどうするのかを見ていただこうと考え出艇しました。
午前は主にセーリングです。
セーリングで課題になったのは、セーリングが並んで走る練習になってしまっているということです。これは私の洋上での指示の仕方に1つの原因があり、艇の高さがあっていない時や走り比べられていない時に、アレをしろコレをしろと文字通り"指示"をしていることにありました。今までは練習の形を作るために"指示"による先導でも良かったのですが、これからは各自が考え競い合うセーリングに切り替わるべき時なのかもしれないと気づきました。

午後は1日目に多くの課題が出たスタートをしました。
限りある時間で、スタートに必要な要素を因数分解しどの部分を成長させる必要があるのかを考え、その練習において起こりうる問題とその解決策をすべて考え切ったつもりで出艇しました。しかし実際には解決策が不十分で、その時に克服すべき課題が変わっていく中で次にどのような練習をするか、すぐに決定できなくなってしまったのです。
ここでは陸で練習を考えきるということの意味を学びました。

このように、順番に上げていけばキリがありません。
ここには470の事しか書けていませんが、スナイプのこともチーム全体のことも、とても多くのことを教えていただきました。
教えていただいたこと全てをチームに還元し、より良いチームを作っていけるよう頑張ります。

最後になりましたが、コーチングのために来ていただいた高木コーチ、本当にありがとうございました。
また、練習に来てくださった西野さん、松井さん、二見さん、中川さん、坂上さんありがとうございました。

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード