12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

大切な持ち艇

 こんにちは。470スキッパーの伊藤菜名です。
先週12/8.9はコーチングでした。わざわざ大阪まで来て下さり教えてくださった高木コーチ、朝から晩までサポートしてくださったOBさん、本当にありがとうございました。

 さて、今回からのテーマブログは「最近の成長したエピソード」です。最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 トップバッターに選ばれて改めて最近の成長したことはなんだろう、と考えていました。勿論技術面は少しずつですが良くはなってきているなと感じることもあります。もちろんまだまだ伸びしろがあり余っていますが。笑

 でも一番成長したと思うのはやはり船への思いです。

 自分が一回生二回生の頃は自分の船のことといえば、すぐがりって整備してまたがりって・・・。というもう樹脂の記憶しかありません。(樹脂の技術はあがりました。笑)
また船にお金をかけたくないという思いが強くて少しくらいの整備ならお金を使わないようにしていたりしました。

 しかし、一つ前の代が引退してから思いが少し変わりました。
その理由としては自分も一緒に練習に完全に参加するようになったからだと思います。
一つ前の代までは私も練習には参加していましたが、レースメンバー以外のサブメンバーでした。乗っている船のレベルも全然違いました。そのためおいていかれることもあり、そのままにされ、結局一人で練習していたりと競争感があまり感じられなく、結局どんな船でも同じなら別に速くする必要もないのではないかと思ったりしていたのではないかなと思います。

 しかし先輩方が引退され、自分もレギュラーメンバーの一員として練習に参加させていただくようになりました。
近くで練習しているとやはり競争感があり絶対負けたくないなという思いが強くなります。そこから自分の船に乗っているときにここがこうなれば乗りやすくなるのにとたくさんやりたい整備箇所が出るようになりました。自分のメインも買ったほうがやりやすいと思い、自分のメインも買ったりもしました。
それに伴い、船への扱いも以前より丁重になったように感じます。正直自分の船を誰かが使っていたりするととても心配になったりもします。笑

 私の整備技術は1、2年の頃に多くの整備をしていなかったのでとても低レベルだと思っています。またとても不器用なので上手くいかないこともよくあります。でもそういうときも自分でできる範囲は自分で行いできないものは手伝ってもらったり引退した先輩方に電話等するようになったのは成長できたのかなとおもっています。

 私の持ち艇は非常に問題がある子でとても手がかかります。ただ微風はよく走れたりスピンの形式などとてもいいところがたくさんあります。ある先輩にヨットは50%が技術だが50%は船自身といわれたことがあります。少しでも持ち艇をはやくできるように「速くなる整備」をもっとしていきたいとおもいます。

 ただ持ち艇は二人で整備をします。私はスキッパーなので持ち艇に常に乗せていただけていますがクルーの子はほとんど乗れていません。ただ整備はその子と一緒なのでその子にも協力していただかないといけないこともあります。
実は私の整備で一番心苦しいのはその子にお金を請求するときです。笑私がクルーなら多分嫌だなってなっています。無駄な買い物だけは絶対しないようにむやみに買いすぎないようにできたらいいなと思います。笑

 船の扱いに関して成長できたこともたくさんありますがまだまだ雑になっていたりすることもあると思います。もっともっと船を丁重に扱い整備に関してなど何事にも妥協せずにいきたいとおもいます。上回生として後輩に教えていく立場としてはやいだけではだめだとおもいます。抽象的になってしまいますが、船に関しても上回生らしくなれるようにこれから頑張っていきたいとおもいます。
船に妥協しなくなればそれに伴い技術も妥協しなくなり技術も上がってくるのではないかと思います。

 一番の目的は「自身が速くなること」です。これから船に関しても自身に関しても一人前になれるように頑張ります。

 最後までこの長々とした拙い文章を読んでいただきありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします!期待に答えられるようにがんばっていきたいとおもいます。

 大阪府立大学体育会ヨット部3回 伊藤菜名
20181213172009521.jpg

激寒コーチング

こんにちは。最近の寒さにびびっている470クルーの坂上です。

今週の練習を振り返ります。今週はBest Wind の高木コーチによるコーチングを行って頂きました。代替わりしてから始めてのコーチングになりました。


470チームとスナイプチーム両方共に〝レースを意識した練習〟が出来るようになるという目標でこのコーチングに挑みました。470チームはこれまでやってきた練習は変えずにその中でレースを意識出来るようなルール、システムを考えて練習する、スナイプチームはレース練習の中で競い合い、その中で出てきた課題を練習で潰していくという方法で練習を行うという形で考えていました。

土曜日の風は午前が平均7〜8m、午後は平均8〜9mの強風下での練習になりました。

午前中、午後ともセーリング練習をしました。代が替わってから強風下での練習がほぼ初めてで、フラットでまっすぐ進むことを目標に練習をしました。予想していたよりは走っている間に大きく離れる事は少なく、まっすぐ走る事は出来るようになってきているのかと感じました。しかし、そこからは、ただ走っているだけになってしまいました。洋上で出来ていない箇所を絞って練習できるようになる事が課題となりました。

もう一つ大きな課題としては安全への意識の低さです。午後からは風が吹き上がり、沈艇が続出しました。クラス間で離れ、個人の判断の誤りからクラス内でも離れてしまっているという状況でした。以前から、OBさんから安全への意識の低さを指摘されていましたが、特に何かを変えることなくここまできてしまっていました。改めて安全マニュアルを作成し、基準を定めて、部員全員がそれを理解し行動していくことで安全の意識を高めていく必要があります。


日曜日は強弱があり、フレの大きな風でした。前日出てた安全に対して最低限必要な整備を行ってから洋上に出ました。

この日に出た課題は、練習の姿勢が受け身で、競争も生まれていないことです。高木コーチがタルを打つからそれを回る、高木コーチが競争をあおるから、非権利艇に牽制をする。そんな状態では成長はありません。これからの練習でどう改善していくかしっかり話し合っていきます。


幹部にもついては沢山のことをご指摘頂きました。1手先、2手先を予想して考えてない、準備が足りない、時間、幹部になりきれてない etc...

幹部として未熟な所が多く、早くチームを引っ張っていけるようにならないとインカレ出場に遠いと思います。一人前の幹部に早くなれるように常にチームのことを考えて行動していきます。


今回のコーチングで気付けたところ、足りないところ、変えていくところを具体的な行動に移し、インカレ出場に向かってチーム全員で全力で努力していこうと思います。


最後になりましたが、寒い中2日間夜遅くまで残ってコーチングを行なって頂いた高木コーチ、ありがとうございました。次回のコーチングまでに成長したチームを見ていただけるように頑張ります。

木谷さん、筑紫さん、川原さん、西岡さん、五井さん、二見さん、山田さん、藤崎さん、西野さんにコーチングに参加していただきました。本当にありがとうございます。

OBさんには寒い中、曳航を手伝ってってもらったり、モズに一日中乗って頂いたり、車を出して頂いたりと沢山協力して頂いています。今のチームはOB さんの協力が必要不可欠です。僕たちは本気でインカレに向かっていくので、これからも引き続き協力お願いします。


長くなりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました。

北港綺麗になりました!

こんばんは!
スナイプ3回生クルーの植田です。

土曜日は四大学揃っての大掃除!
私は諸事情により参加できませんでしたが、北港に着いてなんとびっくり!Σ(゚ロ゚;)
ピカピカのトイレの壁に整理整頓された旧府!
布団もふかふかになって畳まれてました~🌞
みんながキレイにしてくれた北港をぐちゃぐちゃにしないように、整理整頓して過ごします!

そして、日曜日は毎年おなじみ駅伝レース!
私は470のクルーとして出たのですが、なんと弱い風…
船は進むもののトラッピーズに出ることはありませんでした。無念。
そこで、トラッピーズタックができない分スピン張りにチャレンジしようと奮闘してみましたが、これがまたまた難しい!いい感じのふんわり感がだせず、すぐひしゃげてしまいました、とても悔しいです…!笑
と、2回生までの自分なら思って終わっていたところですが、今日は470もスナイプも同じヨットということを初めて自分で実感することが出来た日になりました!
あわよくば、スナイプだけでなく470も極めていきたいと思います!

最後になりましたが今週白鷺を直しに来てくださった木谷さん、整備を見に来てくださった山田さんありがとうございます。
20181204101745c09.jpeg

【テーマブログ】幹部としての意気込み

こんにちは。スナイプクルーの芦田理恵です。


代交代して2ヶ月がたちました。

2ヶ月後の今のスナイプチームの結果は最悪です。

秋新では目標とはかけ離れた順位。
練習の出来はスナイプに関してですが、走りの前の合わせることがままならない状態。スタートに関しては死んでしまったり下流れしたり。かといって動作が上手くなったとも言えません。もっというと、秋新での他大学の動作の上手さに焦りとイラつきをおぼえました。

あと9カ月ちょっとで上3艇はシングルをとるチームにならないとインカレへはいけません。今の府大では無理です。しかしどうしてもインカレに行きたいのです。どうすればいいのでしょうか。

私自身としては幹部として意識を改めなければいけません。違うと思うことは違うと発言し、自分の思っていることをもっと発信する必要があります。そして練習に対して自艇の状況の向上方法とともに今の練習がチームにとってどうかということを考えなければいけません。また常にひとつひとつの行動の意味を考えます。なぜ、ベアする。などなぜを突き詰めていきます。

この2ヶ月、他の幹部にたくさんのことを任せ、私は何もしていませんでした。なにかプラスに代わるか分かりませんが、自分からも行動をしていきます。ずっと受け身で生活し、頭を使わずに21年間行き続けてきたので、私にとって本当に難しい課題です。すぐにはできません。そして私はこの課題をあと9ヶ月ちょっとの間に完璧にする必要があります。

後輩へ
今の3回生と2回生は1年ちょい、2年ちょいヨットに携われ自分の駄目な所を直す機会があります。
早めに弱点を見極め直しといて悪いことはありません。自分が今考えられているのか。なんで前を走れないのかを考えて行動してください。そうすると、私のように頼りない先輩にならなくすみます。
どうか、一緒に変わりましょう。今、みんなが一番艇になれるチャンスがあります。もっと上を目指してほしいです。私にとってみんなはしっかりしていて自慢の後輩です。一緒に9ヶ月ちょい後のインカレ出場を常に意識し、一緒にインカレを本気で目指しましょう。

もう、悔し涙は流したくありません。
私の3年間半のブログのコンセプトは「笑」でした。どこかひとつ笑のポイントをいれます。こんな暗いブログは今日で最後です。

インカレに向けて自分、チームを変えていける人物になりたいです。まずは、自分を変えないとダメですね。そして、インカレに行きたいと思われるチーム、誇りに思われるチームを皆で作りあげたいです。

先輩方に色々な面でのサポートを要求すると思います。現役は全力で頑張る力を見せますのでご支援のほどよろしくお願いします。

最初で最後の秋新

こんにちは、470リーダーの高田です。
今合宿は関西学生ヨット秋季新人選手権大会でした。新チーム最初のレース、私にとっては最後の秋新という意味の題名です。(わかりにくくてすみません)
風に恵まれず、本レガッタは1レースのみ行われ、結果は以下の通りとなりました。

【国際470級】
4599 高田/山田 8位
4448 奥村/坂上 DNF
3826 川原さん/古橋 DNF
3832 伊藤/山田さん DNF
3730 井上/松井さん UFD
3978 五井さん/高橋 DNF

【国際スナイプ級】
29003 中川/植田 7位
29130 樋口/芦田 34位
29457 東/細川 41位
28294 西野さん/平 47位
28974 西岡さん/塚本 40位


私自身は初めて下級生と出るレースで、1レースのみだったとはいえ、まずまずの結果を残すことができてひと安心でした…(一緒に乗った3回生の山田は初シングルだったのに、全然喜んでいなくて少し心配になりました笑)
470チームとしては全く結果を残すことができず、悔しい気持ちでいっぱいです。このような成績ではまだまだインカレは遠いです。

ただ、結果としては残っていませんが、日々の練習の中やレースの途中でも、下級生の成長を感じられる部分は少なくありません。これは私が感じていることで、下級生自身が感じているかどうかというと…答えはNOです。
私は、ヨットをする上で最も大事なことは、ヨットを楽しむことであると思っています。そして、練習やその成果を発揮するレースで自分が"成長した"と感じることはヨットが楽しいと思える大きな要因です。ヨットだけに当てはまる話ではないかもしれません。何をするにしても同じことだと思います。"成長してる、楽しい"それをみんなが感じられるようなチームを作れるように頑張ります。

最後になりましたが、
レースに参加してくださった筑紫さん、川原さん、西岡さん、西野さん、五井さん、山田さん、松井さん
運営に来てくださった浅井さん、二見さん、藤田さん、名所さん、高橋さん
支援艇に乗ってくださった木谷さん、国本さんありがとうございました!
また、木谷さん・国本さんからお菓子の差し入れ、二見さんからお菓子と寝袋の差し入れを頂きました。本当にありがとうございました!
2018112717050415c.jpeg
20181127170438a4f.jpeg
201811271703511ff.jpeg

プロフィール

府大ヨット部

Author:府大ヨット部
大阪府立大学ヨット部です!

ヨット部部員が更新していきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード